必要な戸籍

相続手続用の戸籍謄本でお困りの方は、戸籍まるごと取得パックをご利用ください

通話無料のフリーダイヤル

無料見積り依頼受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

「相続の戸籍謄本」取り寄せパック

行政書士法人アミーズ 司法書士法人アミーズ横浜事務所 税理士法人アローズ協力団体 : 相続手続支援センター横浜駅前 相続手続支援センター川崎駅前

お申し込み受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります) 0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

HOME > 戸籍のあれこれ > 必要な戸籍

必要な戸籍

必要な戸籍

 相続手続きの際には、必ず亡くなった方(被相続人)の戸籍が必要になります。
 相続手続きで求められる被相続人の戸籍は、1通だけではありません。
 必要な戸籍を具体的にいうと、亡くなった方の出生(生まれて)から
 死亡(亡くなる)までの、全ての戸籍が必要になります。
 さらに、相続人の全員の戸籍も必要になります。

 

  ※なお、戸籍は、本籍地の役所でしか取得できません。そのため
   本籍地が遠方の場合、わざわざ遠方の役所まで取得しに行くか、
   郵送で取り寄せる、ということになります。
   遠方の役所までいく場合は交通費等が、郵送の場合は、
   戸籍の請求書、定額小為替や返信用封筒等が必要になります。

戸籍は何通いるの?

 被相続人の死亡時の戸籍には、出生日と死亡日が記載されています。
 そのため、出生から死亡までの戸籍は、今の被相続人の戸籍を、
 1つ取れば大丈夫と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 しかし実は、被相続人の出生から死亡までの戸籍は、
 法律の改正や婚姻、転籍等によって、いくつもの戸籍が存在するのが通常です。
 そして、新たな戸籍には、従前の戸籍の全てが記録されている訳ではありません。

 

 そのため、被相続人に関する戸籍を全て揃えないと、
 相続関係(相続人が誰なのか?)の証明ができず、
 相続手続きはできないのです。

 

  では、何故、一人の人間の戸籍が何通にもわたってあるのでしょうか?
 その答えの一つは、我が国の戸籍制度が変わっていったからです。
 戸籍はその時代のその制度を反映し、記載内容を変更してきました。

 

 そして、戸籍制度が変わる度に、今の戸籍を止めて、新しい戸籍を作ってきました。
 以下簡単に戸籍制度の変遷を見てみましょう。

戸籍制度の変遷

 明治19年式戸籍   現在取得可能な中で一番古い様式が、この明治19年式戸籍です。
  この戸籍には「戸籍を編製した理由」が記載されていないことが多く、
  これ以上遡れないことが多いでしょう。

 

  そのため、明治19年式戸籍の時代よりも前に亡くなっている方の相続手続きは、
  戸籍を集めることができず、非常に困難なものになることが予想されます。

 

 明治31年式戸籍   「身分の公証」を目的に、戸籍に父母の氏名や続柄等の記載をするようにしました。
  さらに「戸主ト為リタル原因及ヒ年月日」の記載がされるようになり、
  戸籍の編製の理由及び年月日が判明するようになりました。

 

 大正4年式戸籍
  「戸主ト為リタル原因及ヒ年月日」の欄がなくなり、
  戸主の事項欄にその記載がされるようになりました。
  なお、大正4年戸籍に改正後も、

  明治19年式、明治31年式戸籍も並行して使用されていました。 

 昭和23年式戸籍(改正原戸籍)
  敗戦後、新憲法施行に伴い民法が改正され、
  従来の戸主を中心とした家制度から、
  夫婦とその子だけを戸籍に記載する制度に変わりました。

 

  また、「戸主」が廃止され、「筆頭者」となりました。
  今までの戸籍は、戸主が死亡すると新しい戸籍へ編製(家督相続)していましたが、
  昭和23年式戸籍からは筆頭者が死亡しても戸籍を新しく編製することなく、
  その戸籍の筆頭者は死亡した人のままとなりました。

 

 平成6年式戸籍(現戸籍)
  平成6年戸籍法の改正により、戸籍事務の電算化が始まりました。
  それに伴い、これまでの縦書きだった戸籍が横書きとなり、
  今の戸籍の様式になりました。

 

  しかし電算化については、全ての役所が行なっているものではなく、
  一部の自治体では、昭和23年式戸籍の縦書き戸籍にて取り扱っている役所もあります。

 

   ※戸籍のコンピューター化に伴い、戸籍の呼び方が変わりました。
    ①戸籍謄本(戸籍に載っている全部の写し)→戸籍全部事項証明書
    ②戸籍抄本(戸籍に載っている一部の写し)→戸籍個人事項証明書
   とは言っても、戸籍謄本、戸籍抄本という言い方でも十分通用しますので、ご安心を。

改正以外の戸籍編製理由

 この様に戸籍制度の改正により、何度も戸籍が作り直されているのです。
 そのため、戦前生まれの方が亡くなった場合であれば、
 最低でも、「大正4年式戸籍」、「昭和23年式戸籍」、
 「平成6年式戸籍」の3通が必要になります。

 

 また、上記の法改正による戸籍の編製以外にも、
 主に下記の理由等によっても戸籍を新たに作成します。
  ①婚姻(夫婦について新たに戸籍を作成します)
  ②転籍(転籍先で新たに戸籍を作成します)
  ③分籍(親の戸籍から独立し、新たに戸籍を作成します)
  ④家督相続(大正4年式戸籍以前特有のものです)
  ⑤養子縁組(原則、新たに養親の戸籍に入ります)
  ⑥離婚(離婚後に戸籍をあらたに)
  ⑦離縁
  ⑧子の出生
 亡くなった方が、婚姻や転籍をしていると、
 その都度、戸籍が新たに編製されています。

 

 法改正による新しい戸籍への編製とあわせると、
 一人の人間の出生から死亡までの戸籍が何通にもなってしまうという訳です。

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 無料見積もり依頼受付中
  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります

    0120-474-000

  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!

お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります 0120-474-000
  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!
  • お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

追伸

35,000円相当のサービスが、戸籍取得という基本サービスについているのに、この「相続用戸籍まるごと取得パック」の手数料が29,800円なのはなぜなのだろう?それで、事務所の運営をまかなえるのだろうか?

こんな疑問をもたれる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん、業務の内容に見合った手数料をいただいた方が、
事務所の立場からすれば、ありがたいです。

とはいえ、当事務所としては、「相続ようの戸籍」まるごと取得パックの費用は、
低くてもいいと考えています。
まずは、おおくの方に当事務所のサービスで満足いただきたいからです。

このパックでご縁のあった方が、
別の機会にまた当事務所をおもいだしてくだされば、
うれしく思います。

「本当にそう考えていますか?」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、行政書士法人アミーズは、思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い書かせていただきました。

ページの先頭に戻る