戸籍のとり方

相続手続用の戸籍謄本でお困りの方は、戸籍まるごと取得パックをご利用ください

通話無料のフリーダイヤル

無料見積り依頼受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

「相続の戸籍謄本」取り寄せパック

行政書士法人アミーズ 司法書士法人アミーズ横浜事務所 税理士法人アローズ協力団体 : 相続手続支援センター横浜駅前 相続手続支援センター川崎駅前

お申し込み受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります) 0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

HOME > 戸籍のあれこれ > 戸籍のとり方

戸籍謄本、戸籍抄本の取り方

戸籍は、本籍と筆頭者で管理されています。

戸籍を取得する場合、本籍と筆頭者が分からないと取得できません。
そのため、請求の前に確認しておく必要があります。

 

ちなみに本籍と住所は、全く別の概念で、両者は無関係です。
住所は実際に住んでいる場所を登録しますが、
本籍は原則的に自由に決められます。

 

そのため、自分では行ったことのない地域を本籍地とすることも可能です。
実際には住めない皇居の中を本籍にしたり、
憧れの住所地を本籍にしたりもできます。
しかし、あまり遠い場所を本籍にすると少し不便に感じるかもしれません。

 

筆頭者とは、戸籍の代表者というような意味合いです。
結婚されている方は、ご主人が筆頭者になっていることが多いと思います。
これは、婚姻の際に、ご主人の氏を名乗ると決めたからです。
奥さんの氏を名乗る場合は、もちろん奥さんが筆頭者になります。

戸籍の取得方法

戸籍は、本籍を定めている市区町村単位で管理されています。
そのため、戸籍を請求するのは本籍の役所(市役所・区役所)です。
実際の請求は、役所の窓口で請求する方法と、 郵送で請求する方法があります。

窓口での請求

取得する方の住んでいる場所から、近い役所であれば、
窓口まで行って請求したほうが費用も時間も少なくて済みます。

 

地域によっては、市役所、区役所、町役場などの役所だけでなく、
行政サービスセンター等の出張所でも取得できます。

 

行政サービスセンターは駅のすぐ近くにあることが多いので、
戸籍を窓口で取得しようとお考えの方には、ありがたいですね。

郵送での請求

本籍地が遠方の場合や、お仕事等で窓口に行く時間がないという方は、
郵送でも戸籍を請求することができます。
横浜市等の都市部では、 戸籍の郵送請求を「郵送請求事務センター」が担当しており、
戸籍の請求の郵送先が市役所ではない場合がありますので、注意が必要です。

 

郵送請求に必要なもの

    • ・戸籍の請求書
        請求書は各自治体のホームページにあります。
        記入方法が分からない場合は、役所に電話をして確認しましょう
        印鑑を押す必要がありますが、認印で結構です。

 

    • ・本人確認書類の写し(運転免許証等)
        住所の変更等があった場合は、運転免許書等の裏面のコピーも必要です

 

    • ・交付手数料(定額小為替または現金書留)
        定額小為替は、ゆうちょ銀行や郵便局で買えます

 

    • ・返信用封筒
        切手を貼り、宛先も記入します

 

  • ・相続手続きに使う「除籍」や「改製原戸籍」を請求する際には、
     上記書類に加え、請求者と戸籍の筆頭者との
     関係の資料の提出を求められることもあります。

各戸籍の発行手数料

  • ・戸籍謄本(現在の戸籍)  1通 450円
  • ・戸籍抄本(現在の戸籍)  1通 450円
  • ・除籍謄抄本        1通 750円
  • ・改製原戸籍謄抄本     1通 750円

※手数料は各自治体によって異なる場合がありますので、
 詳しくはホームページ等でご確認下さい。

手数料の支払方法

郵送で戸籍を請求する場合にも、
もちろん交付手数料を納める必要があります。

 

しかし、現金で支払おうにも、
普通郵便で現金を送ることは禁止されていますので、
戸籍の郵送請求の際には、定額小為替というものが良く利用されています。

 

定額小為替であれば、普通郵便で送ることができます。
ただし定額小為替の発行には、1枚につき、100円の手数料がかかります。
また、定額小為替の有効期限は6ヶ月です。
期限の切れたものは使用できませんのでご注意下さい。
もちろん、現金書留であれば現金を送れますので、
定額小為替にする必要はありません。

郵送での注意事項

郵送の場合、戸籍の請求書の記載が間違っていると、
窓口と違って訂正ができず、戸籍が発行されずに戻ってきてしまいます。
そのため、戸籍の請求書の記載は、慎重に行う必要があります。

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 無料見積もり依頼受付中
  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります

    0120-474-000

  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!

お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります 0120-474-000
  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!
  • お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

追伸

35,000円相当のサービスが、戸籍取得という基本サービスについているのに、この「相続用戸籍まるごと取得パック」の手数料が29,800円なのはなぜなのだろう?それで、事務所の運営をまかなえるのだろうか?

こんな疑問をもたれる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん、業務の内容に見合った手数料をいただいた方が、
事務所の立場からすれば、ありがたいです。

とはいえ、当事務所としては、「相続ようの戸籍」まるごと取得パックの費用は、
低くてもいいと考えています。
まずは、おおくの方に当事務所のサービスで満足いただきたいからです。

このパックでご縁のあった方が、
別の機会にまた当事務所をおもいだしてくだされば、
うれしく思います。

「本当にそう考えていますか?」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、行政書士法人アミーズは、思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い書かせていただきました。

ページの先頭に戻る