戸籍の附票とは

相続手続用の戸籍謄本でお困りの方は、戸籍まるごと取得パックをご利用ください

通話無料のフリーダイヤル

無料見積り依頼受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

「相続の戸籍謄本」取り寄せパック

行政書士法人アミーズ 司法書士法人アミーズ横浜事務所 税理士法人アローズ協力団体 : 相続手続支援センター横浜駅前 相続手続支援センター川崎駅前

お申し込み受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります) 0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

HOME > 戸籍のあれこれ > 戸籍の附票とは

戸籍の附票とは

概要

戸籍の附票(こせきのふひょう)とは、
住所移転の履歴を記録した公的な書類です。
自身の本籍地の役所で交付してもらえます。

住民票と戸籍と戸籍の附票の違い

住民票とは、現在の住所や、住所の異動、世帯構成等を記録した書類です。
原則的に現住所と移転前の住所地が記載されています。

 

戸籍とは、出生、死亡、婚姻等の身分事項を記録した書類です。
戸籍には本籍地が記載されています。
本籍地と住所地は、
どちらも同じような記載方法(○○市○○町○丁目○番地)ですが、
全く別の概念です。

 

戸籍の附票とは、 住所の証明として住民票の役割を備えながら、
戸籍(本籍地)と住民票(住所地)を繋ぐ書類です。

戸籍の附票の取得方法

取得方法は、戸籍の取得方法と同じで、本籍地がある役所に請求します。

 

戸籍の附票の取得には、取得したい戸籍の附票に記載されている、
本籍地と戸籍の筆頭者の氏名が必要になります。
分からない場合は、事前に確認をしておく必要があります。

戸籍の附票の利用方法

戸籍の附票は、本籍地を動かさない限り、 住所移転の履歴が過去に遡って証明できます。

 

そのため、複数回引っ越しをした人が、 いくつか前の住所から、
現在の住所までの履歴を証明したい場合には、戸籍の附票で証明します。

 

なお、住民票の除票でも、住所移転の履歴を証明することができますが、
住民票は転出してから5年しか保存されないため、
5年以上前からの住所移転の証明には向かないかもしれません。

戸籍の附票の保存期間

その戸籍の全員が除籍されてから5年間です。

 

全員が除籍されない限り、
戸籍の附票は保存されていますので破棄されることはありません。

 

しかし、一部の人が死亡や婚姻等により除籍された場合は、
当該その人の記載は、5年すると抹消されます。

戸籍の附票の記載事項

戸籍の附票には、下記の5つの事項が記載されています。

  • 本籍地
  • 戸籍の筆頭者
  • 氏名 ・住所(戸籍が作られた当時の住所~現在までの住所を全て記載)
  • 住所を定めた年月日

 

住民票は同一住所の世帯を単位に作成しますが、
戸籍の附票は戸籍を基に作成するので、 住所が違っていても、
本籍地が同じであれば、 同じ戸籍の附票に記載されています。

 

例えば、子供が大きくなって一人暮らしを始めたが、
まだ結婚はしていないという場合を想定してみましょう。
その場合、親の住民票にはその子供は記載されていませんが、
親の戸籍の附票にはその子供の記載があります。

戸籍の附票に関する注意点

①出生から現在までのすべての住所が記録されている訳ではありません。
 そのため、どこの住所地からの移転の証明をしたいかによっては、
 戸籍の附票では証明できないことがあります。

 

②婚姻等で、新たに戸籍が作られると、
 戸籍の附票にはその婚姻の時点以降の住所しか記載されません。

 

③法律の改正等があると、戸籍の附票が作り直され、
 新しい戸籍の附票にはそれ以降の住所の移転履歴だけが記録されます。
 改製される前の戸籍の附票(改製原附票と呼びます。)の保存期間は
 5年間しかないため、昔の住所の証明ができなくなる場合もあります。

 

④戸籍の附票の除票や改製原附票の保存期間は、法律上5年間です。
 しかし、最低でも5年間は保存しなさいという決まりなので、
 役所によっては5年経過後も保存している場合があります。
 そのため、除籍されてから5年経過していても、
 念のため役所に確認をしてみて下さい。
 発行してもらえる可能性があります。

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 無料見積もり依頼受付中
  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります

    0120-474-000

  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!

お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります 0120-474-000
  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!
  • お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

追伸

35,000円相当のサービスが、戸籍取得という基本サービスについているのに、この「相続用戸籍まるごと取得パック」の手数料が29,800円なのはなぜなのだろう?それで、事務所の運営をまかなえるのだろうか?

こんな疑問をもたれる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん、業務の内容に見合った手数料をいただいた方が、
事務所の立場からすれば、ありがたいです。

とはいえ、当事務所としては、「相続ようの戸籍」まるごと取得パックの費用は、
低くてもいいと考えています。
まずは、おおくの方に当事務所のサービスで満足いただきたいからです。

このパックでご縁のあった方が、
別の機会にまた当事務所をおもいだしてくだされば、
うれしく思います。

「本当にそう考えていますか?」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、行政書士法人アミーズは、思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い書かせていただきました。

ページの先頭に戻る