戸籍津本の取り寄せを頼んだときの費用の実例

相続手続用の戸籍謄本でお困りの方は、戸籍まるごと取得パックをご利用ください

通話無料のフリーダイヤル

無料見積り依頼受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

「相続の戸籍謄本」取り寄せパック

行政書士法人アミーズ 司法書士法人アミーズ横浜事務所 税理士法人アローズ協力団体 : 相続手続支援センター横浜駅前 相続手続支援センター川崎駅前

お申し込み受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります) 0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

HOME > 費用について > 費用の実例

費用の実例

参考例 1

相続人(被相続人からみて)

  • 子ども 2名

取り寄せた戸籍謄本の内訳

  • 除籍・改正原戸籍×6通
  • 相続人の現在戸籍×3通、
  • 戸籍の附票×1通

請求した市区町村役場は3箇所

 

項目単価数量金額
基本報酬 29,980円
加算報酬 0円
戸籍(除籍謄本、改製原戸籍謄本) 750 6通 4,500円
戸籍(戸籍謄本・戸籍全部事項証明書) 450 2通 900円
戸籍(附票) 300 1通 300円
定額小為替手数料 100 10通 1,000円
郵便料金 240 3箇所 720円
消費税(報酬部分×8%) 2,398円
合計 39,798円

参考例 2

相続人(被相続人からみて)

  • 兄弟姉妹(おい・めい) 6名

取り寄せた戸籍謄本の内訳

  • 除籍・改正原戸籍×6通
  • 相続人の現在戸籍×3通、
  • 戸籍の附票×1通、

請求した市区町村役場は3箇所

 

項目単価数量金額
基本報酬(戸籍20通まで) 39,980円
加算報酬(10通ごと) 10,000 1回 10,000円
戸籍(除籍謄本、改製原戸籍謄本) 750 18通 13,500円
戸籍(戸籍謄本・戸籍全部事項証明書) 450 7通 3,150円
戸籍(附票) 300 3通 900円
定額小為替手数料 100 28通 2,800円
郵便料金 240 6箇所 1,440円
消費税(報酬部分×8%) 3,198円
合計 74,968円

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 無料見積もり依頼受付中
  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります

    0120-474-000

  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!

お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります 0120-474-000
  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!
  • お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

追伸

35,000円相当のサービスが、戸籍取得という基本サービスについているのに、この「相続用戸籍まるごと取得パック」の手数料が29,800円なのはなぜなのだろう?それで、事務所の運営をまかなえるのだろうか?

こんな疑問をもたれる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん、業務の内容に見合った手数料をいただいた方が、
事務所の立場からすれば、ありがたいです。

とはいえ、当事務所としては、「相続ようの戸籍」まるごと取得パックの費用は、
低くてもいいと考えています。
まずは、おおくの方に当事務所のサービスで満足いただきたいからです。

このパックでご縁のあった方が、
別の機会にまた当事務所をおもいだしてくだされば、
うれしく思います。

「本当にそう考えていますか?」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、行政書士法人アミーズは、思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い書かせていただきました。

ページの先頭に戻る