相続人はだれ

相続手続用の戸籍謄本でお困りの方は、戸籍まるごと取得パックをご利用ください

通話無料のフリーダイヤル

無料見積り依頼受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

「相続の戸籍謄本」取り寄せパック

行政書士法人アミーズ 司法書士法人アミーズ横浜事務所 税理士法人アローズ協力団体 : 相続手続支援センター横浜駅前 相続手続支援センター川崎駅前

お申し込み受付中 24時間土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります)

お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!(携帯電話からもつながります) 0120-474-000

無料見積り依頼はこちらから

HOME > 相続人はだれ

相続人はだれ

相続人とは、亡くなった方(被相続人と言います)の生前の権利(預貯金等)と義務(借金等)を包括して、無制限に引き継ぐ人のことを言います。実際の相続人の範囲や法定相続分は、民法で定められています。民法で定められている相続人のことを法定相続人とも言います。

まず、実際の相続人の範囲について説明します。

1.亡くなった方の配偶者(妻や夫)は、どのような状況においても必ず相続人になります。別居していても戸籍上、配偶者であれば相続人です。

婚姻していない、いわゆる内縁関係にある方の場合には注意が必要です。内縁の場合は、亡くなった方と何年同居していても、原則相続人ではありませ ん。そのため、亡くなった方が所有していたマンションに一緒に住んでいた内縁の配偶者は、相続において非常に不安定な立場に立たされる可能性が出てきま す。(他の相続人から住んでいるマンションからの立ち退きを請求されても拒めなくなります)。

2.配偶者以外の方については、次の順序で配偶者の方と一緒に相続人になります。

(1) 死亡した方の子供

 

養子縁組した養子も子供に含まれます。養子は相続にお いては、実際の子供とほぼ同一の権利を有しています。死亡した方の子供が、既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人になりま す。子供も孫もいるときは、子供が相続人になり、孫は相続人にはなりません。
また、死亡した方の養子が、既に死亡しているときは、養子縁組後に生まれた子供だけが相続人になります(養子縁組前に生まれていた子供は直系卑属にあたらないため、相続人とはなりません。

 

(2) 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)

 

父母も祖父母もいるときは、父母が相続人になり、祖父母は相続人にはなりません。
死亡した方が養子縁組で養子になっていた場合は、養親も相続人になります。
父母等の直系尊属の方は、(1)の相続人がいないときだけ、相続人になります。

 

(3) 死亡した方の兄弟姉妹

 

その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、死亡した方の子供が相続人となります。(1)と違い、死亡した方の孫は相続人にはなりません。
兄弟姉妹の方は、(1)の相続人も(2)の相続人もいないときのみ、相続人になります。

 

なお、相続放棄をした方は、初めから相続人ではなかったとされます。つまり、放棄した方は、いないものとして相続人を確定させます。

3.相続人の範囲は前記のとおりですが、相続人の相続分というものも定められています。

(1) 配偶者の方と子供が相続人の場合

 

配偶者の方が2分の1 子供が2分の1 の割合で相続します。
子供が2人以上いる場合は、2分の1を均等に分けます。養子も、非嫡出子(婚姻関係にない両親から生まれた子供)も均等です。

 

(2) 配偶者と直系尊属が相続人の場合

 

配偶者の方が3分の2 父母等の直系尊属が3分の1 の割合で相続します。
両親等の直系尊属が2人以上いる場合は、3分の1を均等に分けます。実際の両親も、養子縁組した養親も均等です。

 

(3) 配偶者の方と兄弟姉妹が相続人の場合

 

配偶者の方が4分の3 兄弟姉妹の方が4分の1 の割合で相続します。
兄弟姉妹が2人以上いる場合は、4分の1を均等に分けます。ただし、亡くなった方と父または母の一方のみを同じくする兄弟姉妹(いわゆる異父兄弟・異母兄弟)は、亡くなった方と父母を同じくする兄弟姉妹の相続分の割合の半分になります。

 

民法で定められている法定相続分は、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分の割合であり、相続人間で協議ができれば、この相続分で遺産の分割をしなければならないわけではなく、相続人の一部の人に全部相続させることも可能です。

4.遺留分

遺留分とは、民法に規定されている、相続人が最低限相続できる財産のことをいいます。

 

遺留分が問題になるのは、亡くなった方が遺言書を残していた場合が多いでしょう。原則、亡くなった方の意思が尊重されるため、遺言書の内容が優先されますが、「愛人に全財産をあげ る」という遺言書を作られてしまうと、残された家族が住む家を失い、生活もできなくなるという事態も起こり得ます。こうした、あまりにも相続人に不利益な 事態を防ぐため、民法では最低限相続できる財産を、遺留分として保証しているのです。

 

遺留分がある相続人は、配偶者、子供、父母等の直系尊属です。亡くなった方の兄弟姉妹には、遺留分を保証していません。これは、亡くなった方の兄弟姉妹なら、通常独立して生活していること が多いため、遺留分として法律で兄弟姉妹の方の生活を保証する必要性がないと考えられているからです。

 

また、遺留分として保証されているのは、配偶者や子供が法定相続人にいる場合は遺産の全体の2分の1、法定相続人が父母等の直系尊属だけの場合は、遺産の全体の3分の1となっています。

5.相続人の立場の重複

通常法定相続人は、たとえば「子」として,あるいは「兄弟姉妹」として,1つの法定相続人の資格だけを有するのが普通ですが,まれに,法定相続人としての資格を重複して有するいう場合があります。例えば、

 

  • 被相続人が孫を養子にしている場合で、その孫の親(被相続人から見たら子供)が既に亡くなっている場合の相続

 

が考えられます。この場合その孫の方は、養子としての立場と、孫としての立場の2つの相続人の資格を有します。よって、他の相続人よりも多くの法定相続分を有することになります。

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 無料見積もり依頼受付中
  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります

    0120-474-000

  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!

お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

「やらないといけないのに・・」と思いつつ、戸籍謄本の取り寄せをあとまわしにしてしまうと、ずっと頭の片隅に相続のことがひっかかったまますっきりません。故人さまのものがご生前のままですと、さびしい気もします。ご家族を亡くされ、落ちつかず、気忙しいときでしょうが、故人さまのご供養のためにも、今すぐお問合せをどうぞ。

  • 通話料無料のフリーダイヤル。携帯電話からもつながります 0120-474-000
  • 24時間 土・日・祝日も受付中 全国からご利用できます お気軽に、いますぐ、お電話どうぞ!
  • お申し込みはいますぐこちら (ボタンを押すと申し込みページに移動するだけです。ご安心ください)

追伸

35,000円相当のサービスが、戸籍取得という基本サービスについているのに、この「相続用戸籍まるごと取得パック」の手数料が29,800円なのはなぜなのだろう?それで、事務所の運営をまかなえるのだろうか?

こんな疑問をもたれる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん、業務の内容に見合った手数料をいただいた方が、
事務所の立場からすれば、ありがたいです。

とはいえ、当事務所としては、「相続ようの戸籍」まるごと取得パックの費用は、
低くてもいいと考えています。
まずは、おおくの方に当事務所のサービスで満足いただきたいからです。

このパックでご縁のあった方が、
別の機会にまた当事務所をおもいだしてくだされば、
うれしく思います。

「本当にそう考えていますか?」と思われる方もいるかもしれません。
それでも、行政書士法人アミーズは、思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い書かせていただきました。

ページの先頭に戻る